そして3000万円控除と住宅借入金等特別控除のお話し。

こちらでも話題にしましたが、またまた3000万円控除と住宅借入金等特別控除のお話しです。

どうしても季節がらこのあたりの相談が増えます。昨日はT税理士からの相談でした。

要するに、併用関係はどうやねん?ということです。

3000万円控除>住宅借入金等特別控除、3000万円控除の方が勝つということは以前も書きました。

前の説明は活字ばかりでおそらくかなりわかりづらいので、T税理士の相談内容を基に簡単な事例を以下に記載します。

(Tさんありがとう。)

たとえば、

【ケース1】

—————————————————————————————————————–

2016年~2017年 3000万円控除や買換え特例等の適用はない。

2018年 新たに家Aを買って住宅ローン控除を受ける(1年目)。

もともと住んでいた家Bはこれを機会に人に貸す。

2019年  家Aについて住宅ローン控除を受ける(2年目)

2020年   もともと住んでいた家Bを売却、3000万円控除を受ける。

——————————————————————————————————————

2020年の3000万円控除はOKなのですが、この場合、過去に遡ってAについての住宅ローン控除の適用はなかったものとして

修正申告をする必要があります。

この方の住宅ローン控除を有効なままにしたいのであれば、家Bの売却を2021年以後にする必要があります。

そうすれば、3000万円控除も住宅ローン控除もOKです。

しかし、

【ケース2】

——————————————————————————————————————

2016年~2017年 3000万円控除や買換え特例等の適用はない。

2018年 新たに家Aを買って住宅ローン控除を受ける(1年目)。

2019年 家Aについて 住宅ローン控除を受ける(2年目)

2020年   家Aを売却、3000万円控除を受ける。

——————————————————————————————————————

と、この場合は、2020年の3000万円控除もOKですし、過去の住宅ローン控除も有効で、修正申告をやり直す必要はありません。

もうひとつ。

【ケース3】

——————————————————————————————————————

2017年 3000万円控除を受ける。

2018年

2019年 新たに家Aを買って住宅ローン控除を受ける(1年目)

——————————————————————————————————————

この場合、2019年の住宅ローン控除は受けることはできません。

「2017年の3000万円控除をなかったものとして2017年の修正申告をして、2019年の住宅ローン控除を受ける」

ということはできませんので、気をつけてください。

国税庁質疑応答事例「居住用財産の譲渡所得の特別控除の特例等の適用を受ける場合の修正申告」

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

不動産
居住用財産の譲渡損失と住宅ローン控除・認定長期優良住宅の所得税額の特別控除について

住宅取得税制についてのシミュレーションです。 1.住宅ローン控除 2.認定長期優良住宅の所得税額の特 …

不動産
限定承認とタックス・プランニング

また、余計なことを考えました。 【設例】 被相続人X 法定相続人A(配偶者・Xと同居、居住継続)法定 …

不動産
同一年中に居住用財産を2回譲渡した場合(譲渡損失の損益通算及び繰越控除)

同一年中に居住用財産を2回譲渡した場合(3000万円控除) ↑ ここでもみたのと同様に、今回は居住用 …